名入れのオリジナルエコバッグ

2020年7月から、レジ袋有料化が始まりました。環境境保全対策のひとつとして、プラスチックゴミ削減を目標としているからです。そのため、いまや当たり前となったエコバック。一つだけでなく、いくつも持っているという人もいるでしょう。様々なタイプのものが販売されていますが、あなたはどんなものがお好みでしょうか?

エコバッグ選びのポイント

エコバッグ選びをするときに、気にしておきたいポイントについて説明します。まずは、丈夫であること。惣菜パックの尖った角や、1リットルパックの牛乳を1本入れただけで破けてしまうようなエコバッグでは心もとありません。

ポリエステル素材や帆布素材などが安心でしょう。次に、軽く、小さくなること。ちょっと大きめのショッピンセンターに行くと、買い物だけでは終わりませんよね。ついつい、あちらこちらと寄って行きたくなるものです。

さらに、小さなお子様と手をつないで…となると、大きくかさばるエコバッグを持ち歩くのは、一仕事になってしまいます。ですので、軽く、小さいものが便利です。そして次に、防水、かつ、洗濯ができること。急な雨に降られることもあるでしょうから、防水であることは大事でしょう。

そして、野菜の泥や生鮮食品の汁がこぼれたりで、予想以上にエコバッグは汚れます。自宅で気軽に洗えるものが好ましいですね。最後に、デザインです。日々使うものなので、ここはこだわりたいところです。かわいいものや、クールなもの、おしゃれなものが色々ありますので、ぜひ自分のお気に入りを見つけて下さい。

→自分好みにカスタマイズ!オリジナルのエコバッグを作成しよう

エコバッグの形状

一つ目は、レジ袋タイプです。レジ袋の形のポリエステル生地で作られたタイプです。軽く、小さくたためるので、携帯に便利です。また、ポリエステル生地なので丈夫です。コンビニに行くときや、少ない買い物のときに活躍します。

二つ目は、トートタイプです。レジ袋タイプよりも大き目で、丈夫な帆布生地で作られていることが多いです。肩から下げられるので、たくさん買い物をした時も持ちやすいです。トートバッグといえば、「L.L.Bean」が良く知られています。

三つめは、レジかごバッグです。トートタイプよりもさらに大きく底まちもしっかりしていて、文句なしの大容量です。「今日はたくさん買うものがある!」というときは、おすすめです。牛乳やビールなどもしっかりと受け止めてくれます。

素材も、ポリエステル生地や帆布生地で丈夫に作られているものが多いです。また、レジ袋タイプ、トートタイプ、レジかごバッグタイプ共通で、内が保冷仕様になっているものもあります。このようなタイプであれば、生ものを買ったときも安心です。

オリジナルティあふれるエコバッグ

前述したポイントや形状を踏まえて、オリジナリティあふれるエコバッグにこだわりたいですよね。

そこで、「名入れ」エコバッグはどうでしょうか?「名入れ」というと、企業が自社の名前やマークなどがプリントされたグッズを無料で配ったりします。ノベルティグッズというものです。

ねらいは、企業の販売促進です。これまでは、ボールペン、ハンカチ、キーホールダーなどが一般的だったのではないでしょうか。配りやすく、実用性があるものが選ばれます。そこに近年、人気なのがエコバッグです。エコバッグは、うってつけのノベルティグッズです。

エコバッグに企業名をプリントすることで、使用する際に企業名が良く見えます。そのため、広告効果が高いのです。たくさんの人の目に入ることで、企業名を覚えてもらったり、興味を持ったりしてもらえる効果がねらえます。

さらに、環境問題に関心があることをアピールすることができます。エコバッグは、そもそも、環境保全の取り組みの一環であるプラスチックごみ削減のため、レジ袋をやめようとして登場してきました。エコバッグは、何度も洗濯をしてリユースができます。

そういったことから、企業がノベルティグッズとしてエコバッグを提供することは、環境に配慮している企業なんだということを発信できるのです。

名入れエコバッグのメリット

メリットとしては、やはり、実用性があるということです。レジ袋有料化に伴い、エコバッグを携帯する人は増えています。「持っていなかったけど、無料でもらえたから使おうかな。」ということだってあるでしょう。そして、そのグッズをもらった人が持ち歩くことで、周囲の人が自然と目にする機会が増えるため、広告効果が高いということです。

そして、展示会などに大量に持ち運ぶ場合も、軽いので取扱いが非常に楽です。また、小さくなるので、配りやすいといったこともあります。さらに、受け取る側にも利点があります。例えば、遠方から足を運んでいる人だとしたらどうでしょう。

いろいろなものが詰めこまれた、豪華なノベルティもいいかもしれませんが、持って帰るのが大変です。ですが、エコバッグだとしたらどうでしょうか?軽く、小さいので、ポケットにさえ滑り込ませることができます。そして、荷物が増えた場合には、そのエコバッグを拡げて使うことができるのです。

名入れエコバッグのデメリット

デメリットとしては、ノベルティ制作のためのお金がかかること。ノベルティを作るためには、当然そこにはコストが発生します。そして、無料で配布するものとはいえ、企業イメージを低めるようなものはいけません。せっかくコストをかけて作ったノベルティで、企業イメージをダウンさせては意味がありません。

そこは、しっかりと吟味して制作すべきところです。また魅力的なノベルティグッズは、他社にとっても魅力的です。様々な企業が、自社のイメージアップをかけて、試行錯誤したエコバッグを制作しています。そんな中で、手抜きや質を下げたノベルティでは、到底イメージアップは図れません。

やはりここでも、他社との差別化を図るためにも、エコバッグの素材、形状、デザインなど、よくよく吟味し制作すべきでしょう。

オリジナリティあふれるエコバッグで注目されよう

エコバッグは日常に欠かせないアイテムとなっており、企業のノベルティグッズとしても、非常に魅力的なものです。手渡した誰かのお気に入りになれば、その広告効果はずっと持続するのです。これまで、一般的だったボールペンやキーホールダーでは、正直、効果は小さなものでしたが、エコバッグは洗濯をして、何度でも使用することができるまさに「エコ」バッグなのです。

投稿日: